今年の50頭 2018-2019

今週から2歳戦が始まります。
そういうわけで今週はセールや2歳馬の馬体写真を見ていました。。

毎年、社台グループで25頭。それ以外のグループで25頭の
計50頭の2歳の注目馬を考えていますが
今年のテーマは「not 父 ディープインパクト」
もちろん「父 ディープインパクト」でも良いと感じる馬はいましたが
今年の「楽しみ方」としてはこれも良いかなと。

それでも、調教などで良く見えた馬も応援して行くつもりではありますが。
スポンサーサイト

今年のPOG50頭

毎年やってますが、ダービー馬の道が遠い。
世代ナンバーワンとして選んだエアシャカール、アドマイヤメイン、フサイチホウオー。
今年のダービー馬はこれしかいないと思った馬たちですが、勝てない。
もっとも、アドマイヤマックスやカンパニー、ダークウィザード、マゼラン、モズでは
出走できてすらいないですが。。

今年のダービーでは、レーヴドリアンとトーセンアレスしか出走していませんでしたし。。
ほんと馬って難しいです。


今年も個人のPOGとしては、1vs1でやるんですが
閉鎖的ルールとして、被りありの50頭で、
社台グループを20頭、その他を30頭という独特【?】なルールを。
また、個人的にサンデー系と非サンデー系をほぼ半分に(26-24)
社台グループ以外の馬を多く見るために(POG本は社台ばっかりですし)
今年の2歳世代の馬のセリの写真を大体見ました。
・・・消息がつかない馬までいて、なかなか・・・選びにくい馬まで。
・・・POGとしては危険な橋を渡っていますが。

ただ、注意してほしいのは、
好きだった馬の血統や一頭だけ「名前」で選んでいるのもいますので。

賞金とかはなしで、「名誉」を賭けてやってます。

未来のダービー馬を求め

もうそろそろ赤本も発売される時期かな?
競馬ブックには産地馬体検査が、
優駿では各育成牧場の紹介をやっていた。
ダービーが始まる前からPOGは始まっている。

今年の3歳は、ブエナビスタやリーチザクラウンを筆頭に
スペシャルウィークが活躍した。
それは、種付け時にスペシャルウィーク産駒が
シーザリオ、インティライミなどの活躍馬を出したからとされる。

よく「種牡馬の当たり年=周期」といわれる。

では、次の年はどうだっただろうか。
サンデーもかなりの活躍を見せていたが、
メイショウサムソン・サクラメガワンダー・カワカミプリンセス
特別この馬というのはなさそう。
一応、フレンチデピュティがアドマイヤムーン・アルーリングボイス。
フジキセキがドリームパスポート・コイウタかなとも思う。
あとは、フサイチリシャール・フラムドパシオン。
牝馬ではシェルズレイを出したクロフネ。
この3頭の種牡馬を今年の2歳の根幹種牡馬と考えておこう。
タキオンはロジックぐらいしかおらず(G1勝っとるやないか)
穴種牡馬でなら、最初のサムソン、サクラ、カワカミの父
・・・オペラハウス・グラスワンダー・キングヘイローなのだが、
種付けピークに活躍していないカワカミは除外しておこう。


とこんなこと思っているときは大抵違うんだよな。。
そんなの分かっていたら、苦労しない。
やはり、赤本などで馬体を見てからでしょう(苦笑)

プロフィール

ウィーク

Author:ウィーク
競馬に魅せられ20数年。
今日もどこかで
馬と触れ合うダメ男。
この先、10年、20年。
馬、競馬へ情熱を注げる
生活が出来たらと思います。

馬好きの方、
よろしくお願いします^^

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
Copyright © ウィーク