FC2ブログ

桜花賞最新版予想

予約投稿していたら、朝一に◎ポルトフィーノの取消^^;



桜花賞
◎ リトルアマポーラ
○ トールポピー

注 ブラックエンブレム
穴 デヴェロッペ、レジネッタ、シャランジュ、オディール
感覚 オディール、リトルアマポーラ、シャランジュ


この2頭+ブラックエンブレムがどこまで。。
私が勝ち負け度外視の大穴予想家なら間違いなくデヴェロッペを本命にしているでしょう。

桜花賞は前哨戦から巻き返す馬が多い印象。(えー、一昨年からその前3年は全くですが。。)

「昨日があるから今日がある」
という悲願達成レースかなと。
昨年のダイワスカーレットやスティルインラブ、
アローキャリー、チアズグレイス、プリモディーネ、ファレノプシス、
数え切れない実力馬の巻き返しがある

ただ、・・・えー、いろいろと書いていたポルトフィーノがまさかの取消。


前から○のトールポピー。
長年の勘でしかないですが、
黄菊賞の2着、阪神JFの1着、チューリップ賞の2着は正直予定調和。
3走前は3連単2着づけ、阪神は9月から決めてた◎、チューリップ賞は○。
・・・で、今回はというと・・・2着の気がします。。
スパッと切れるわけではなく、ただ、後ろからの馬には牝馬同士なら差されるだろうか。
・・・何か違和感を感じてしまうPhotoパドック。 うーん。
この馬は変わらず○で。

◎はリトルアマポーラ。
2戦連続の遠征で馬体が心配だったが、 Photoパドック見る限り大丈夫。
バランスが一番しっかりしている。
2冠に一番近いのは・・・尾を振っていても、勝ってしまう底知れないこの馬だとは思う。

もっともキレがあり、実はそこまで後ろから競馬しなくても
その脚は使えるのではないかという感覚もあり、
また今週戦線離脱した同僚の分もといったドラマ性も加わり、
実力以上に十分なんか可能性は感じています。



3番手は研ぎ澄まされた馬体。正直この馬も性格を考えればここ目標、
しかし、やはりあの気性だけに遠征は不安。
でも、葉牡丹賞の内容から資格は十分。
今年の牝馬は去年のワンツーのように
チューリップ賞2着>弥生賞馬というわけではなく、フツーの牡馬>牝馬。



穴は、デヴェロッペ。前走を見るとコーナーリングが下手な馬で、
外枠でラチを頼れないのは良くない模様。
阪神外回りはコーナーが周りやすく、しかも最内。
菜の花Sのような豪快な走りができれば。。
騎手が戻るのもこの馬にはかなりプラスではないだろうか。

さらに安定感でレジネッタも有力候補。どんなペースでも安定している成績。
3着ならチャンスありそう。

オディールは超スローならマイルも対応可能だが、
個人的に馬体からはマイルもギリギリに見える。
チューリップ賞よりは早くなりそうな今回は、前走以上のパフォーマンスは・・・。。
(JFは強い4着ですが、あの頃とは馬もより短距離色が濃くなっていると思うので)
おそらく抑える競馬。それならリトルアマポーラには勝てない。
買うとすれば、3着か。

ソーマジックは・・・正直勝ってほしくないという願望で
いれてないだけの気がしないわけではないです。

でも、これでは長岡さんがnetkeibaで書いている
レースの糸口が見つかる・・・満足になれるのだろうか。
そう・・・考えながらも、私は、この事前予想で日曜の15時を仁川で迎えます。

感覚。
・・・第一感覚は、オディール。かなり強い感覚かも。
その次がリトルアマポーラ。・・・って、これではフツー。
・・・穴の感覚は、シャランジュ。なるほど。この馬も他力本願タイプもやれなくはない馬だ
スポンサーサイト



昨日があるから今日がある~桜花賞予想~

桜花賞
◎ ポルトフィーノ
○ トールポピー
▲ リトルアマポーラ
注 ブラックエンブレム
穴 デヴェロッペ、レジネッタ、エイムアットビップ



基本は上位3頭。+ブラックエンブレムがどこまで。。
私が勝ち負け度外視の大穴予想家なら間違いなくデヴェロッペを本命にしているでしょう。

桜花賞は前哨戦から巻き返す馬が多い印象。(えー、一昨年からその前3年は全くですが。。)

「昨日があるから今日がある」
という悲願達成レースかなと。
昨年のダイワスカーレットやスティルインラブ、
アローキャリー、チアズグレイス、プリモディーネ、ファレノプシス、
数え切れない実力馬の巻き返しがある

今回1番強いのは、2歳女王のトールポピーでもなければ、
チューリップ賞の勝ち馬でもなく、連勝中の関東馬でもなければ、
末が切れる近い将来の日本一の種牡馬に
名実ともになるアグネスタキオン産駒でもない。
もちろんチューリップ賞で出走をやめようかと
思わせるぐらいの脚元(だったらしい)で、 3着に持ってきたプチ馬でもない。

どの馬も同じ状態であれば(こんなことがあるはあずがないけど)、
一番強いのは、日本競馬史上に残る(とされる)名牝の娘と信じている。

牡馬相手の前走は馬がパドックから恐がっていたが、
エルフィンSは私が女王だと言わんばかりの勢い。
今年競馬で最大級の衝撃でしたね。

おそらく・・・前走は人間で言う・・・かわいこぶってたんでしょ。
馬が違ってましたもん--
今回はそんなぶりっ子になる必要は無く、
男勝りにパドックに参上する・・・ことを希望(笑)

土曜日の馬場次第ではありますが、前日予想◎は基本名牝の娘。
気になるのは、先週の競馬場でフラッシュがあったことくらいかな~。
今週もありそうですし。。
祖母(3着)、母、姉が成し遂げられなかった悲願を達成・・・しないかなと。。

巻き返しということになるのなら、前走ある程度の結果を残せば、
圧倒的一番人気も予想されたこの馬から。
今回は大外ではなく、おそらく馬群に入れての競馬をしそう。
かといって、抑えすぎない折り合い重視のレースをするはずで。。

武豊騎手の小さな笑顔を見させていただきましょう。
・・・さて、怪しいと思いつつ◎という・・・またやってはならないことを。。


長年の勘でしかないですが、
黄菊賞の2着、阪神JFの1着、チューリップ賞の2着は正直予定調和。
3走前は3連単2着づけ、阪神は9月から決めてた◎、チューリップ賞は○。
・・・で、今回はというと・・・2着の気がします。。
スパッと切れるわけではなく、ただ、後ろからの馬には牝馬同士なら差されるだろうか。
・・・気になるのは、同僚のこの◎、○の2頭。
・・・ともに何か違和感を感じてしまうPhotoパドック。

3、4番手の馬が一番、二番によく見えているというのは内緒で。



3番手は風舞う中たしかな足取り、2戦連続の遠征で馬体が心配だったが、
Photoパドック見る限り大丈夫。
2冠に一番近いのは・・・尾を振っていても、勝ってしまう底知れないこの馬だとは思う。

ただ、距離適正がある・・・その分マイルならこの馬より
上の評価をしている二頭が上ではないだろうかと。

もっともキレがあり、実はそこまで後ろから競馬しなくても
その脚は使えるのではないかという感覚もあり、
また今週戦線離脱した同僚の分もといったドラマ性も加わり、
実力以上に十分なんか可能性は感じています。
というか、1月1日時点ではこの馬◎でしたが。。

4番手は研ぎ澄まされた馬体。正直この馬も性格を考えればここ目標、
しかし、やはりあの気性だけに遠征は不安。
でも、葉牡丹賞の内容から資格は十分。
今年の牝馬は去年のワンツーのように
チューリップ賞2着>弥生賞馬というわけではなく、フツーの牡馬>牝馬。

それだけを考えると、毎日杯、若葉S馬>エルフィンS馬というのは不思議ではなく、
弥生賞馬>クイーン、フラワーC馬
・・・
というのはなんら不思議ではない。

昨年の先輩(ダイワスカーレット、ウオッカ)がいたからの
挑戦だったのかもしれないが、それなりの結果を示しているのではないか。
アーリントン>京成杯と信じたいので。


穴は、デヴェロッペ。前走を見るとコーナーリングが下手な馬で、
外枠でラチを頼れないのは良くない模様。
阪神外回りはコーナーが周りやすく、しかも最内。
菜の花Sのような豪快な走りができれば。。

さらに安定感でレジネッタも有力候補。どんなペースでも安定している成績。
3着ならチャンスありそう。

巻き返しとなると、エイムアットビップが該当しますが。。
ヒモならありかなと。。

オディールは超スローならマイルも対応可能だが、
個人的に馬体からはマイルもギリギリに見える。
チューリップ賞よりは早くなりそうな今回は、前走以上のパフォーマンスは・・・。。
(JFは強い4着ですが、あの頃とは馬もより短距離色が濃くなっていると思うので)

ソーマジックは・・・正直勝ってほしくないという願望で
いれてないだけの気がしないわけではないです。

でも、これでは長岡さんがnetkeibaで書いている
レースの糸口が見つかる・・・満足になれるのだろうか。
そう・・・考えながらも、私は、この事前予想で日曜の15時を仁川で迎えます。



えー・・・ただ、限りなく名牝の娘が前走で崩れた感がしてます。。
パドックで判断を・・・って、結局そこ~(苦笑)

大阪ハンブルクC予想

大阪ハンブルクC
◎ ワンダースティーヴ
○ サンバレンティン
注 ドリームフライト、フォルテベリーニ



粘り強化のワンダースティーヴ。阪神外回りが向くかは微妙だが、
逃げなくて結果を残せた前走を評価。

キレ味ならこのメンバーで上位のサンバレンティン。
ポツン後方でも届きそうなメンバーだ。ここで狙わずしてどこで買う。

あとは、前走はさすがに相手が強かったがこの相手ならのドリームフライト。
昨年よりは、戦いやすそうなフォルテベリーニ。

このレースは、サンバレンティンの単。・・・なら◎でしょ。。

ニュージーランドトロフィー

ニュージーランドT
◎ アポロフェニックス
○ アサクサダンディ
▲ サトノプログレス
注 ゴスホークケン、ダンツキッスイ、メジロガストン



マイルカップ優勝のためには勝ってはいけないレース。
ここ目一杯で、来そうな馬を狙いたい。

アポロフェニックスの前走は大外からよく伸びてきたと思う。
1200mでも先行はでき、スムーズなレースをすれば、前進あるはず。

アサクサダンディは3着あたりでぜひ。

やはり若竹賞組は強いでしょうと。


穴はメジロガストン。逃げない競馬でようやく結果を残しつつあり。。

どう考えても、いつもの◎ではなく○を買え症候群でしょう。。

複勝を買うなら、アサクサダンディがサトノプログレスかなという不思議。
なんでアポロフェニックスなん?

阪神牝馬S予想

阪神
阪神牝馬S
◎ ジョリーダンス
○ キストゥヘヴン
注 ブルーメンブラット、シールビーバック、ヘイローフジ、ローブデコルテ


なんだこのバカ予想。誰でもできるじゃ~ん。

◎ジョリーダンス。前走の高レベルレース東京新聞杯を破れたが、
最後の脚は一番目立っており、脚を余した印象。
その後のメンバーの活躍を見ると、ここでは威張れる。
昨年のこのレース、阪神Cと得意舞台。岩田騎手なのがやや不安ぐらい。

キストゥへヴンの充実振りは本物。
苦手コースと思われた前走でも結果を残す。
阪神に変わるのはプラスで。。

1400mこその馬になりつつあるブルーメンブラットだが、前走は外すぎた。
それでもローブデコルテに先着しており、素直に上位評価。

穴は、ダートも大丈夫な馬が目立つ阪神芝1400.
シールビーバック、ヘイローフジを。

プロフィール

ウィーク

Author:ウィーク
競馬に魅せられ20数年。
今日もどこかで
馬と触れ合うダメ男。
この先、10年、20年。
馬、競馬へ情熱を注げる
生活が出来たらと思います。

馬好きの方、
よろしくお願いします^^

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
Copyright © ウィーク