意思の反映

競馬を予想するときに「こうであってほしいな」と「こうであろう」・・・そんな気持ちが入り混じる。
この「何とも言い表せない」気持ちも競馬の楽しみの一つではないだろうか。


ただ、どちらも人の中にある「主観」は大なり小なり入っているだろう。
メディアからの情報からはもちろんだが、パドックの見方でさえも、
おそらく始めは・・・「良い馬はこんな馬」という「誰かが作りあげたも」ものがあってのものだ。
それは、あくまで「人」が過去の歴史から作ったものである。


しかし、人が作ったことだけで片付けられるほど馬はそんなに簡単にいかないはずだ。
様々な血統を経て、さらなる速く走ることを目標としているサラブレッド生産が行われている。
その血は、人の想像の上を行ってしまうことが多く、それまでの常識が通用しない世界になっていく。
そして、その中。競馬の予想で、言えることがあるとすれば、「確かな予想は存在しない」ことだ。
(*ただ、競馬予想が「得意な」人はいると思う)



もちろん予想が得意とはいえない私の個人的な目標に、
「いかに自分に正直な馬券を買っていくか」がある。

別名・自らの「勘」を研ぎ澄ますことだ。
・・・自分の勘なら、負けても納得行くし、外れたからといって他の人を攻めることはできない。
そして、その勘からの予想の経験は、自分にしかない参考書を作り上げる。
参考書なら何度も改訂できる。
そして、それがその人のその時点で一番の「予想力」となるのではないだろうか。


自分を信じることこそ、道を開ける力となるはずだ。
自分の意思が反映できるような予想を心がけたい。
スポンサーサイト

プロフィール

Author:ウィーク
競馬に魅せられ20数年。
今日もどこかで
馬と触れ合うダメ男。
この先、10年、20年。
馬、競馬へ情熱を注げる
生活が出来たらと思います。

馬好きの方、
よろしくお願いします^^

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
Copyright © ウィーク